ヘアカラーリスト今井のブログ

いつでもオシャレなヘアカラーを楽しんで頂きたい!その為にヘアカラーリスト今井がヘアカラーを中心にヘアスタイルを楽しむ方法を解説していきます!

ヘアカラーリスト今井のブログ

美容室で扱っているオーガニック製品にはどういったものがあるの?

健康志向の高まりから、いつの日からか自然に認知されるようになったオーガニック。

 

無添加・無農薬の物をオーガニックと呼びます。

 

自然な流れで、美容室で取り扱うアイテムもオーガニックの物が増えてきました。

 

では美容室で取り扱う、美容室で受けられる施術でオーガニックな物はどういった物があるのでしょう?

 

今回の記事でまとめてみます。

 

 

美容室では全ての施術をオーガニックで行うことも可能!?

f:id:takafumiimai:20180226110455j:plain

美容室によって取り扱うメーカー、取り扱う製品、施術メニューはもちろん違います。

 

オーガニック専門店として全ての製品がオーガニックのみという美容室もあれば、当然ながらオーガニック製品・メニューを取り扱っていない美容室もあります。

 

このあたりは、その美容室のコンセプト等があるので良い悪いという話ではないのですが、選択肢という意味では、オーガニック・非オーガニックどちらも置いてある美容室の方が親切と言えるかもしれません。

 

ちなみに、僕が所属しているkakimoto armsではどちらも置いてあり、ヘアカラー・シャンプー・スタイリングと一通りオーガニックのみで施術することが可能となっております。

オーガニック製品は認定を受けた(またはそれに準ずる)製品が置いてある美容室を選びましょう

さて皆さん、今や世の中にあふれるほどあるオーガニック製品ですが、そもそもどういったものをオーガニック製品というのか分かりますか?

 

パッケージにオーガニック成分使用!と書いてあれば、オーガニック製品なのでしょうか?

 

実は、オーガニックには認定機関が存在します。

そのことについて説明していきます。

オーガニック認定とは?

 

ではオーガニック認定機関とは何でしょうか?

 

日本には有機JAS規格というオーガニック認証機関があります。

 

しかし、日本のこの有機JAS規格農産物のみの認定機関であり、シャンプーやコスメなどの化粧品は該当しません!

 

 つまり極端な話、1滴でもオーガニック由来の成分が入っていれば、オーガニック製品と言えてしまうのです!

 

オーガニックと言うか、言わないかはメーカーの戦略次第でしかないのです!

 

それに比べ世界各国には、それぞれの国で厳しい審査基準をもったオーガニック認定機関があります。

 

代表的な機関としては、世界最大の国際有機認定機関であるフランスのECOCERT(エコサート)、ドイツのBDIH(ドイツ化粧品医薬品商工連盟)、イタリアのICEA(イチェア)等があります。

 

なぜ海外の認定機関をお伝えしたのか?

 

それは、日本の認定機関は上記のように、そもそも化粧品でオーガニック認定機関が存在しないからです。

つまり簡単に言うと、信頼性に欠けるということです。

そこで最近では、メーカー各社が独自に海外のオーガニック認定機関に依頼して、自社のオーガニック製品を認定してもらう動きが出てきています。

 

美容のメーカーや製品もその一つです。

 

認定機関により評価基準は違いますが、代表的な規定として

 

・製品そのものの90%以上が自然由来の原料であること

・その自然由来の原料も有機栽培されたものであること

・パッケージも自然由来、またはリサイクル可能であること

・製造工程で自然汚染をしないこと

 

など、いくつもの厳しい審査基準があります。

 

以上の理由から、オーガニック製品は認定を受けた製品が置いてある美容室を選べば間違いはないと言えます。

 

もしくは、パッケージの問題など様々な理由で認定は受けていない製品でも、中身自体はオーガニック成分で作られているものであり、信頼できる美容師からの紹介であれば大丈夫でしょう。

 

以下に一例としてジャンルごとにオーガニック製品をご紹介します。

 

オーガニックカラー

 

オーガニック製品で髪を染めることができるものは大きくわけて2種類あります。

草木染め・ヘナ等の100%自然由来の成分で出来たタイプと、色味や明るさをコントロールしやすく調整したカラー剤タイプです。

 

草木染め・ヘナ等

 

100%自然由来であるため、色味・明るさなどのコントロールがしにくい傾向があります。

自然由来の成分以外では肌荒れなどのトラブルがおきてしまう方には良いものです。

 

※kakimoto armsでの取り扱いはありません。

 

カラー剤

f:id:takafumiimai:20180226104947j:plain

日本の美容メーカーMILBON(ミルボン)が販売している『ヴィラロドラ』というカラー剤。

 

イタリアのオーガニック認定機関【ICEA】の認定を受けているカラー剤です。

f:id:takafumiimai:20180226105024j:plain

草木染めやヘナ等の弱点である、色味や明るさのコントロールをしやすく調整したものですが、カラー剤なのでアレルギー成分を含みます。

 

オーガニックシャンプー&コンディショナー

f:id:takafumiimai:20180226105345j:plain

SHIGETA(シゲタ)のシャンプー&コンディショナー。

こちらはフランスの【ECOCERT】から認定を受けた成分を使用しています。

 

優しい洗い心地とフローラルな香りが人気です。

 

オーガニックスタイリング剤

f:id:takafumiimai:20180226105432j:plain

認定は受けていませんが、内容成分はオーガニックで作られているヘアワックス『product(プロダクト)』。

 

なんと髪だけではなく、リップクリームやハンドクリームとしても使える優れものです。

 

オーガニック製品の注意点

 

様々なオーガニック製品がありますが、一つだけ注意点としては、オーガニック=安全を保障するものではないということです。

 

オーガニックは自然由来の成分であるというだけであり、認証を受けるということは安全を担保するということではなく、一定水準以上、自然由来であることが認められたというだけです。

 

例えば、花粉症の方は自然の中にある花粉でアレルギー反応が出ます。

ということは自然由来であるオーガニック製品で、もしかしたら肌にトラブルが起こる可能性があるということです。

 

僕のお客様でも、ナッツアレルギーの方で、ナッツ系のオイルが入っているオーガニック製品はかぶれるため、一切使えない方がいます。

 

まとめ

 

美容室で取り扱うアイテムは、オーガニック製品が増えてきています。

 

選択の幅は確実に増えてきているので、もし興味があれば担当美容師に聞いてみて下さい。

 

しっかりとした機関から認定を受けていれば間違いないですし、信頼のおける美容師からのおすすめであれば大丈夫だと思いますが、花粉症や食品アレルギーがある方は少し注意しておきましょう。

 

最後に、なりたい女性像・やりたいヘアデザインとはマッチしない可能性もあるので優先順位は考えておきましょう。