ヘアカラーリスト今井のブログ

いつでもオシャレなヘアカラーを楽しんで頂きたい!その為にヘアカラーリスト今井がヘアカラーを中心にヘアスタイルを楽しむ方法を解説していきます!

ヘアカラーリスト今井のブログ

ハイライトをリタッチ!ヘアカラーデザインを継続して楽しむ方法!

美容室でヘアカラーをして、そのデザインがすごく気に入ったら、出来るだけ退色しないようにキープしたいと思いますよね?

 

でもどんなにキープし続けたとしても、髪は伸びるので1ヶ月以上経てば根元が気になってくるはずです。

 

その時、「また前回と同じカラーにしたい!」と思ったら、1番最初に思いつくのは根元を染める=リタッチをすることだと思います。

 

1色染め=ワンメイク(ワンカラー)ならば簡単にリタッチ出来ます。

 

では、ハイライトはどうでしょうか?

筋状にランダムに入れているハイライトをリタッチすることができるのか?

 

答えは「ハイライトもリタッチできます!

 

これをお伝えするとけっこうビックリされます。

事実、半信半疑の眼で施術を見ている方もいます。笑

 

そして本当にハイライトをリタッチしていることを確認して、もう1度ビックリしています。

 

※ハイライトって何?という方は、まずこちらの記事をご覧ください↓

 

hair-color.hatenablog.jp

 

それでは、今回の記事でハイライトのリタッチについてご説明していきます。

 

 

 

 

 

ハイライトをリタッチしてヘアカラーを楽しむ

 

f:id:takafumiimai:20180204212259j:plain

 

先ほどお伝えしたように、ハイライトはリタッチできます。

 

気に入ったヘアカラーデザインにした時ほど

「ずっとこのカラーを楽しみたい!」

「次回も同じカラーデザインにしたい!」

と思うのではないでしょうか?

 

何度もお伝えしているように、そんな時はリタッチすれば良いわけです。

 

f:id:takafumiimai:20180617203635j:plain

すっかり伸び切ったハイライトも・・・

f:id:takafumiimai:20180617203712j:plain

リタッチすれば元通りのデザインに!

 

ハイライトのリタッチはセクショニングがポイント

ハイライトのリタッチは、『前回染めたハイライトの根元を頑張ってすくい取る!』という力業ではありません。

正確にすくい取るためには、そもそも1回目のハイライトを正確に入れておくことがもっとも重要です!

 

そのために、kakimoto armsが推奨しているテクニックがセクショニングです。

セクショニング

f:id:takafumiimai:20180617204254j:plain

f:id:takafumiimai:20180617204314j:plain

f:id:takafumiimai:20180617204346j:plain

定められた基準に従って、頭を12のセクションに分けておくことで、ハイライトを均一に入れることができます。

 

そして次回ハイライトを入れる時は、また定められた基準に従ってセクショニングをすることで前回のハイライトの根元をすくい取ることができるのです。

 

ハイライトのリタッチ方法

セクショニングをすることで、前回のハイライトが入っている場所が分かりました。

 

が、実はそれだけでは前回のハイライトをすくい取ることはできません!

ここから小技を使ってすくい取っていきます。

 

f:id:takafumiimai:20180617205550j:plain

前回のハイライトを含みつつ、ハイライトの厚み分で毛束をとります。

f:id:takafumiimai:20180617205750j:plain

そして前回のハイライトだけをすくい取っていきます。

f:id:takafumiimai:20180617205905j:plain

その後、伸びている根元の部分のみにカラー剤を塗布します。

 

これをひたすら繰り返すことで、全てのハイライトをリタッチできます。

まとめ

いかがでしたか?

 

ハイライトのカラーデザインは、1度楽しんだら次回が別のデザインにしなければいけない・別のデザインになってしまうと思っている方、又は、どんどんハイライトが増えていってグラデーションみたいになってしまっている方が多いと思います。

 

もちろん、それが狙いであり、気に入っているなら問題ありません。

 

でも、継続して同じデザインを楽しみたい場合はリタッチのテクニックが必須です。

 

リタッチしてもしなくても楽しめるように、kakimoto armsではカラーデザインをご提案させていただきます。