ヘアカラーリスト今井のブログ

いつでもオシャレなヘアカラーを楽しんで頂きたい!その為にヘアカラーリスト今井がヘアカラーを中心にヘアスタイルを楽しむ方法を解説していきます!

ヘアカラーリスト今井のブログ

色落ちした後の気になるオレンジな髪色。その原因と解決方法!

ヘアカラーをしてから2週間ほど経つと、徐々に色が落ちてきます。

 

もちろん、色落ちしないように対策をしていれば色が落ち始めるのをもう少し先に伸ばせますが、確実には止められません。

 

そして一概には言えないまでも、多くの日本人が色落ちした後に髪がオレンジっぽい色になります。

 

この色落ちした後のオレンジが嫌だ!という方は多いです。

 

そこで今回の記事では、この色落ちした後のオレンジについて切り込んでみましょう。

 

なんでオレンジになるの?

どうやったらオレンジになりにくく出来る?

 

そんな疑問にお答えします!

 

 

色落ちした髪がオレンジになる理由

f:id:takafumiimai:20180904130354j:plain



ヘアカラーをして1〜2ヶ月ほど経つと、当然根元は伸びてきて「そろそろカラーしないとなぁ…」となると思います。

 

そこで毛先の状態を見てみると、オレンジっぽくなっている方が多いと思います。

 

なぜ、色が落ちるとオレンジっぽく感じるのか?

 

それは、地毛が黒髪の人がもつ宿命のようなものです。

 

こちらの図をご参照ください↓

f:id:takafumiimai:20180415204050j:plain

この図は髪の明るさのグラデーションです。

それを数字や色を使って表したレベルスケールというものです。

 

数字が小さいほど暗く(黒に近い)、数字が大きいほど明るい(白に近い)です。

 

その間は、灰色のグラデーションではなく、色味が変わっていきます。

 

これが、元々の地毛が黒系の人の基本となります。

 

この表を見てもらえば分かるように、黒髪を明るくしていくとブラウンの中にレッドやオレンジという色が見えます。

 

それを通り越すと、ブラウンがなくなり、オレンジ〜イエローとなります。

 

つまり、黒髪を明るくていく過程で、どうしても赤系の色味が顔を出してきてしまうのです。

 

次に、そのレベルスケールにkakimoto arms オリジナルの考え方メラニンタイプ』というモノをプラスしていきます。

 

メラニンタイプとは?

 

メラニンタイプというのは、主にアジア人の黒髪を4種類に分類する考え方です。

 

その4種類とは、青味赤味黄味灰味です。

 

黒髪を明るくしていくグラデーションのレベルスケールですが、人によって明るくなりやすい髪・明るくなりにくい髪があります。

 

そして、それぞれの特徴を基準となるレベルスケールに当てはめて微調整して考えます。

 

青味・・・1番明るくなりにくい髪です。

元々の地毛が黒光りしているような髪です。

 

基準のレベルスケールよりも、赤味が出やすい傾向があるので明るくしていってもなかなかイエローまで辿り着きません。

 

つまり明るくすると、1番オレンジに色落ちしてきやすい髪です。

 

赤味・・・標準のレベルスケールに1番近い髪質です。

 

アジア人の中でも、特に純日本人に多い髪質です。

 

基準通りとは言え、一般的なイメージよりも少し明るめにしないとオレンジっぽく感じやすいです。

 

黄味・・・赤味の次に多い髪質です。

 

赤味と反対にやや黄色よりなので、色落ちするとオレンジを通り越して黄色くなりやすい傾向があります。

 

実際にお客様でも、「色落ちすると黄色くなる」というお悩みの方もいます。

 

灰味・・・1番明るくなりやすい髪質です。

 

地毛の黒髪が、柔らかく透けた印象があります。

 

もちろん基準のレベルスケールよりも黄色くなりやすいですが、それだけではなくヘアカラーをした時、ややくすんだ色味に発色する場合があります。

 

4つの中では1番少ない髪質です。

 

オレンジに色落ちしてこないようにするには

 

オレンジに色落ちしてこないようにするためには、主に4つの方法があります。

 

上記のレベルスケールの考え方自体は、美容師側が理解していれば良いことですが、以下の4つのポイントはお客様でも知っていて損はないので抑えておきましょう。

 

それぞれについて詳しく解説していきます。

 

補色で染める

f:id:takafumiimai:20180611160629j:plain



補色とは、正反対の色のことです。

 

オレンジの反対の色は、アッシュ(青)です。

 

これは、色相環という考え方に基づきます。

 

色のグラデーションを輪っかにした時に、180度反対の色を補色と言います。

 

補色同士を混ぜ合わせると、お互いの色の特徴を打ち消しあうという色の性質があるので、それを使います。

 

つまり、オレンジに色落ちするのであれば、単純にアッシュ系の色で染めるとオレンジに色落ちしにくくなります。

 

色落ち対策はしましょう

 

そうは言っても、色落ち対策は万全にしましょう。

 

アッシュに染めたからと言って、その後『何も対策しない』のでは流石にすぐ色落ちしてまたオレンジが出てきます。

 

カラー用シャンプーを使うのなどの対策方法がいくつかあるので、万全にしましょう!

 

詳しくはこちらの記事をご覧ください⬇︎

 

hair-color.hatenablog.jp

 

熱を当て過ぎない

f:id:takafumiimai:20171225203034j:plain



色落ち対策の記事でも触れていますが、特にアッシュ系の色味は熱に弱い性質があります。

 

とくにヘアアイロンは高熱ですので、場合によっては一瞬で色が飛んでオレンジになってしまうことがあります。

 

もちろん形を作る上では欠かせないものという方も多いと思います。

 

ですので、状況を見てやらなくていい時は極力髪を休ませてあげましょう。

 

ハイライトをブレンドする

f:id:takafumiimai:20181018094726j:plain

応用に近いやり方です。

 

レベルスケールを参考にしながらお読みください。

 

髪は極端に明るくすると、オレンジを通り越して徐々に黄色が出てきます。

 

これを使い、細かくハイライトで黄色をブレンドし、その後上から希望の色味をかぶせることで、色落ちした時にオレンジを感じにくくなります。

 

この時のハイライトは、線を見せるという目的ではないのでコントラストは極力つけません

 

ですので、染め終わった後はほぼ一色に見えます

 

先にオレンジを削ってから色をかぶせるので、染めた色が赤味を感じにくくなり、色落ちしてもオレンジが出にくくなります。

 

まだ試した事がない方には、おすすめの方法です。

 

色落ちしてオレンジになる理由のまとめ

 

簡単ではありますが、以上が色落ちしてオレンジにならないようにするための対策方法です。

 

今までやったことがない事があれば、1つでも取り入れてみてください。

 

オレンジが気にならないようになると、逆に染める色をオレンジにしてみたい!と思う方もいます。

 

しかし、どんなに対策していても染め直す時期は必ずきますので程々に。

www.kakimoto-arms.com